ブログ

コメント

    • 田中 ユカ
    • 2018年 8月 01日

    私も3月に35年連れ添った主人を亡くしました
    今夜は眠れないです。
    心が泣きじゃくっています。
    4人の子供は独立。
    1人住まいは寂しすぎます。
    喪失感と孤独。楽しい幸せな感覚はなくなりました。

      • tomoko-otomo
      • 2018年 8月 01日

      コメントを大切に読ませていただきました。
      35年という長い月日、共に苦楽を味わっていらしたことを思い返すと
      悲しくなりますね。
      それだけお互いに愛に溢れた日々でいらしたということ。
      私も心がギュッと痛みます。

      賑やかであった日々。
      これから2人で楽しむはずであった日々。
      それが突然失われ、幸せな感覚はなくなってしまいますよね。

      「悲しい!」という気持ちを我慢しないでください。
      「どうして一人にしてしまったの?」という思いを押し込めないでください。
      そうした気持ちを出し切った時、温かい思い出を抱きしめてゆっくりゆっくりと
      歩き始める日がやってきますから。

      田中さまのために祈っております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. 自分を縛るもの 月命日だから〇〇しないといけない。 …
  2. 遠慮せず伝えること 自分の気持ちを伝えることは生きていく上…
  3. 「嘘も方便」 嘘をつくことは悪いことではあるが、時と場…
  4. 予想だにしない役割が加わるということは 人は様々な役目を負…
  5. 死別の悲しみは別次元の悲しみ 人は様々な悲しみを経験しなが…